カネ

つみたてNISAの枠40万円使い切る+楽天カードクレジット決済投信積立毎月500ポイントをゲットする積立設定【楽天証券】

カネ
スポンサーリンク

つみたてNISAの枠40万円使い切る+クレジット決済毎月500ポイントをゲットする積立設定【楽天証券】

つみたてNISAの枠40万円使い切る+クレジット決済毎月500ポイントをゲットする積立設定【楽天証券】

①つみたてNISA 毎月33,200円 クレジット決済 
ボーナス設定なし <年間積立額398,400円>

②つみたてNISA 毎月100円 証券口座引落 
ボーナス設定あり 400円(任意の月)<年間積立額1,600円>

③特定口座 毎月16,800円 
クレジット決済 ボーナス設定なし

毎月の投信購入額 50,100円 
毎月のクレジット決済額50,000円→ポイント獲得500ポイント

つみたてNISA年間積立額 400,000円

2018年からつみたてNISAを始めていますが、2018年のつみたてNISAのつみたて額は…

399,999円

と、とても惜しいことになっています。
この年はまだ入金力なく、支出が多い時はつみたてを止めたり、余裕が出てきたら再開し、
冬の賞与が入って年間40万円の枠がモッタイナイ!!!って思って無理やり突っ込んだりしました。
設定が間違ったのか1円余らす結果となりました。

2019年の時は毎月33,333円を設定し、9月10月11月12月に33,334円の積立に変更し、40万円きっちり埋めることができました。
今年2020年も同様の方法で埋めることができました。

しかし、楽天証券を使っておりクレジット7月13日〜8月12日の間に33,333円→33,334円に変更するのって忘れそうだし、3分ぐらいで終わるような簡単な作業ですけど、正直めんどくさいですよね。

人によれば、たかが4円でそんなに投資の影響はないと考える人もいると思います。
私もたかが4円かなって思いますが、先ほどの図を見た時にやはり綺麗な数字が並んでると満足するような性格なのできっちり枠を使いたいんですよね。きっと同じような性格の人はちらほらいるはず・・・!

楽天証券では、つみたてNISA含む投資信託の買い付けを楽天カードで行うと投資金額の1%ポイントが付くんですよね。
ポイントの上限が500ポイント/月 なので、5万円の買い付けをすれば、毎月500ポイントもらえるってことになります。
つみたてNISAの買い付けのあまり分も投資信託を買い付けるようにしています。

なので2021年からの設定はこのようにしました。
この設定をすれば、積立設定を買えずに40万円枠を使いきり、毎月500ポイントゲットできます。

つみたてNISA 毎月33,200円 クレジット決済 ボーナス設定なし <年間積立額398,400円>


つみたてNISA 毎月100円 証券口座引落 ボーナス設定あり 400円(任意の月)<年間積立額1,600円>

特定口座 毎月16,800円 クレジット決済 ボーナス設定なし

毎月の投信購入額 50,100円 
毎月のクレジット決済額50,000円→ポイント獲得500ポイント

つみたてNISA年間積立額 400,000円

獲得できる楽天ポイント 500P/月 6,000P/年
年間投資額 601,200円

来年1年間は、経済がどうなろうと、株式市場がどうなろうと設定を変えずにつみたてNISAを行っていきます!

スポンサーリンク

おまけ(各月別の設定方法)

年度途中の投資開始で、つみたてNISA年間40万円の枠を全部使い切り、楽天カードクレジット決済で500ポイントをもらう投資額をまとめました。証券口座引き落としを組み合わせることにより、設定の変更なしで、つみたてNISAの枠を余すことなく投資できます。

2月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

2月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

つみたてNISA(楽天カード クレジット決済)月36,200円積み立て ⇨年間39,8200円
証券口座引き落とし 月100円積み立て⇨年間1100円
証券口座引き落とし ボーナス増額分 任意の月 700円

特定口座(楽天カード クレジット決済) 13,800円→年間151,800円


今年度の投資額 551,100円

⇨次年度は12月12日までに冒頭の積立額の設定をしてください

3月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

3月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

つみたてNISA(楽天カード クレジット決済)月40,000円積み立て ⇨年間400,000円
証券口座引き落とし (設定不要)
証券口座引き落とし ボーナス増額分 (設定不要) 

特定口座(楽天カード クレジット決済) 10,000円→年間100,000円 


今年度の投資額 500,000円

⇨次年度は12月12日までに冒頭の積立額の設定をしてください

4月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

4月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

つみたてNISA(楽天カード クレジット決済)月44,300円積み立て ⇨年間398,700円
証券口座引き落とし 月100円積み立て⇨年間1,100円
証券口座引き落とし ボーナス増額分 任意の月 400円

特定口座(楽天カード クレジット決済) 5,700円→年間51,300円 


今年度の投資額 450900円

⇨次年度は12月12日までに冒頭の積立額の設定をしてください

5月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

5月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

つみたてNISA(楽天カード クレジット決済)月50,000円積み立て ⇨年間400,000円
証券口座引き落とし (設定不要)
証券口座引き落とし ボーナス増額分 (設定不要)

特定口座(楽天カード クレジット決済) つみたてNISAで月50,000円の枠を使い切っているため、楽天カードクレジット決済での積み立てをしても ポイントがつきません。

今年度の投資額 400,000円

⇨次年度は12月12日までに冒頭の積立額の設定をしてください

6月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

6月につみたてNISA、特定口座で投資をスタートした場合

つみたてNISA(楽天カード クレジット決済)月57,000円積み立て ⇨年間399,000円
証券口座引き落とし 月100円積み立て⇨年間700円
証券口座引き落とし ボーナス増額分 任意の月 300円

特定口座(楽天カード クレジット決済) つみたてNISAで月50,000円の枠を使い切っているため、楽天カードクレジット決済での積み立てをしても ポイントがつきません。


今年度の投資額 400,000円

⇨次年度は12月12日までに冒頭の積立額の設定をしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました