配当金でオタ活をすること

目標は、「配当金でオタ活をすること」
「年金をあてにしない資金作り」

tamaの目標は、「配当金でオタ活をすること」「年金をあてにしない資金作り」です。

スポンサーリンク

配当金でオタク活動をするためには

配当とは、「会社が物を売ったりして稼いだお金(利益)の一部を、私たち株主へ支払うもの」です。配当の金額は会社ごとに違います。

https://www.kabuyutai.com/kiso/haito.html

株を購入し、保有し配当金を貰いそのお金で
好きなアーティスト・キャラクターのグッズを買ったり、チケットを購入し遠征することを目標として生活をしています。

どの会社の株を買っているかというと、メインとして
米国会社の株を買っています。

なぜ日本の会社ではなく米国の会社を? という理由については以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

カネのことを考えずにオタクで生きてた学生時代

今でこそ、ブログサイトを作成して情報発信ということをしています。
将来のことを考えて、オタ活もしたいけど生活が成り立たないとオタクどころじゃないと目覚めてから、お金のことについて勉強したり、投資をするようになりました。

学生時代のバイト代での貯金は無し

グッズを買ったり、ライブを見に行ったりし始めたのは大学生になってからです。
オタクの欲が抑えられなく、親の扶養から外れないMAXの100万円程度はバイト代稼いでました。
そしてほぼほぼオタクに捧げていました。

社会人なり、一人暮らしでオカネについて向き合う

社会人になり、一人暮らしを始めました。
生きるのにこんなにお金がかかるものだとびっくりしました。
「もし収入がなくなったら…」と考えると不安になる日々です。

今は順調で好きに旅行に行ったり、グッズを買ったり、舞台やライブに何回も行ったりしています。同じ公演演目でも(笑)

何気なく日常を過ごしていますが、
冷蔵庫に食べ物あるのも、天井のあるところで快適な温度で生活できるのも
安定した収入があり、労働力を提供できる自分があるからだと思うことも。

スポンサーリンク

現在の投資活動状況

投資初心者ならつみたてNISAから

本格的な額で投資を始めるあたって、つみたてNISAという制度を使って資産形成を行っています。

つみたてNISAは2年ほど続けており、2020年の現在は3年目というところです。
挫折せずに取り組みができています。

投資なので、リスクあります。

なのでこういう時もあります

2020年2月、学校が休校になったり、ライブ・イベントが中止・延期となったとき、株式市場も大きなダメージを受けています。

つみたてNISAで作った資産の使い道

つみたてNISAの使い道
  • マイホーム購入費用の一部
  • 老後ための資金

もし結婚して家族ができるなら、使う場面は違ってくると思いますが、
とりあえず独り身だと、上の二つだと思います。

1年で40万円を制度枠でつみたてできるので、
制度が20年使えますので、40万円x20年=800万円です。
ニュースで「2000万円問題」とありましたが、私としては、
このつみたてNISAの800万円で賄えると思っています。

スポンサーリンク

配当金を増やすには

配当金を増やすには、株を沢山買わないといけません。
株を沢山買うには、収入を、給与を増やさないと買えません。

収入を増やす

現在の私の収入源は、会社勤めでの給与です。
年収は額面で350万円ほどです。

現時点では転職を考えてはいませんが、
このご時世、いつどうなるかわかりませんので、
今現在はPCスキルを上げるべく、ブログ運営などを通して頑張っているところです。

投資での配当金は”再投資”する

つみたてNISAでは基本的に配当金(分配金)は発生しません。
米国株の個別株投資では配当金目的で投資をしているので、
今は少額ですが、将来的には月に万単位で入ってくることを夢見ています。

スポンサーリンク

年金をあてにしない資金作り

配当金でオタ活ができるように投資をすると、もちろん資産もできてきますよね。
バイアンドホールドの投資方針ですので、投資資金は積み上がってきます。

スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
オタク女子のゆるっ投資
タイトルとURLをコピーしました