オタク

【お金ないオタク】誰でも大好きDDオタクはピンチ

オタク
はじめに…筆者について
  • 舞台、声優オタク現場観劇年間10〜20公演(オタク全盛期はそれ以上)
    • 東京を中心に飛行機・新幹線での遠征。海外遠征もあり。
  • 一人暮らし(家賃月6万円)
  • 奨学金・借金・ローンなし
  • 手取り18万円程度
  • オタクをやめれば貯金できるだなんて、論外!!❌

私もかつてはDD(誰でも大好き)推してました。
今振り返ると「ひとつひとつの推しごとに集中できてなかった」と思います。
DDオタクは楽しいです!楽しいですけど、お金が湯水のように消えて行きました…

スポンサーリンク

なぜDDオタクであったのか

仲の良い◯◯くんなら、推しのことを話してくれるかもという期待

推しとプライベートで仲が良いだとか、お仕事が一緒で推しと接してるのが多くないか…
それなら、もしかしたら推しのことをお話ししてくれるかも!!
という勝手な期待を持って推しと仲が良い方のイベントに参加してました。

きちんとチケット代払っているし、普通に運営へとしての貢献はできているので、人によったら問題がないと思われますが、今の私が感じるには失礼だし、勿体なかったなって思います。

参加してみると、実際に推しくんのことを話してくれたり、裏話など聞けて
「行ってよかった〜〜〜〜;;」ってなってました。

逆も然り推しくんの話題が出なく、「◯◯の現場一緒だったはずなのに!」
と一人文句を心の仲で言っている時もありました。
いや、自分何しに行ってんだよって思いますねΣ(´□`

都合の良い思い込みで参戦意義を見出す

ほんと都合の良いことぽんぽん思いついてしまうのです。
「◯◯くんは私と同い年だから、なんか親近感があって〜尊敬していて〜」
「実際に生で観たことあるし!気になるから!」
と、意義をみつけてきて自分を納得させてあれこれチケットを手に入れては参戦してました。

推しくんのイベント外れたら、当日は予定がないのが嫌

推しくんの行きたかったイベント外れるとめちゃくちゃ落ち込みますよね。

そのとき私がやっていたことは、
「とりあえずその日の予定を埋める」です。

遠征しなくても、近場でやっている何かに参加すればいいんですけど、
やっぱり東京に行きたいんですよね。
あわよくば直前誰かに譲ってもらえないかっていう欲もありました。

2番目の推し、3番目の推しなんて自分の中で作ってました。
なのでその推したちのスケジュールを確認するんです。そういうときに限って、
イベント目白押しだったりするんですよね。
「(二番目の)推しのイベント楽しかった〜!(1番目の)推しくんのイベント行ってたら、観れなかったからな〜(^^♪」と結果的になるのです。

スポンサーリンク

DDオタクを辞められた理由

就活があってオタ活自体控えた

DDで沢山参加していた頃は、大学1〜2回生だったので、授業はあるものの、
将来についてはまだ考えなくてもよいと思ってた時期だったので、
バイトしまくってバイト代ほぼオタ活に充ててました。
流石に3回生に入ると、インターンシップ(必修)がありました。
もっと就活(インターンシップ)やろうと思いつつ、就職セミナーでは
色々やれ、いまからでも間に合う!みたいな感じで煽られてましたが、
「就活企業の戦略だな…」と自分の中で解釈していたので、最低限のことしかやりませんでした。

就職活動が解禁したときには、毎日のように頑張ってましたね。
「ちゃんと就職しなきゃオタ活できねぇぇぇ!」という感じに。
それが就活のモチベーションでした笑
なので内定が1社出るまではオタ活予定は入れませんでした。

内定が出た途端、ちょうど行きたいライブツアーが始まった頃であったので
チケット探して遠征行ってました。笑

1番目の推しの予定が中々合わず、現場に行くことが少なくなり、
ライブの方が楽しかったので、いつの間にか推しチェンしてました。

社会人になると「休日しかいけない」

職場は、土日祝休みでしたので、有給もない新人6ヶ月間は
「土日祝しかオタ活できない」できないという状況になりました。
日曜日も夜公演が難しい、夜行バスであっても出社間に合わないし…
とモチベーションがほとんどなくなってしましました。

社内のこともまだわからないので、チケットを取ることもなくなりました。
ストレスなのか、体調が悪い日が続くときもありました。

「土日…何もしたくない…」という日常になりました。

新しいジャンル沼へハマる

とあるきっかけで別ジャンルへ沼ることになりました。
1日でジャーっとお金なくなりましたね。

新しいジャンルの一歩って、やばくないですか?
とりあえず、これ買ったらいい?これもあれも???って謎の物販欲w

ポスターを飾りたいから一人暮らしスタート、お金と向き合う

ポスターを貼りたかったのです。自分の好きな人、キャラクターのポスターを!
でも家族に見られたくなかったので、貼れませんでした。
なので一人暮らしをしました。ポスターをデデデンと貼れるし好きなグッズ並べて飾れてもうそれだけで「お金がかかっても一人暮らしをしてよかったって思ってます。

やはり一人暮らしをすると、ちゃんと家計管理をしないとすぐに赤字になってしまいますよね。
なので「今まで学生のころのようには、ホイホイ参戦してはいけない」と強く思いました。

「推しのイベントにちゃんと行けるように我慢しよう」

スポンサーリンク

1番の推しでオタ活してみると…

「推しのイベントにちゃんと行けるように我慢しよう」

スケジュールもお金にも余裕ができる

スケジュールが沢山詰まってて「今日終わっても来週これ!来月も東京!!」みたいな生活も楽しいんです。けども東京行ってたらまた出費です。

毎月東京に行くことは無くなったので、出費はましになりました。

イベントに向けて準備ができる、生活習慣の見直し♪

スケジュールが詰まってないので、イベントが決まってチケットが手に入ったら、
当日までは数ヶ月!がザラなので、長期的な目標が立てられるようになりました。
ある程度の期間があると例えば
「お肌をキレイにしてみよう」と目標を決めるとします。もしこれが明日明後日だとすると
「ちょっといいお肌パックを使ったらなんとかなる〜〜〜!」といって
貼り付けて済ましてしまうところ、期間さえあれば
普段の手入れから見直したり、生活習慣の改善を図ったりできました。

生活習慣の見直しができたのは大きかったように思います。

参加の満足度が上がった

数ヶ月も前から、ワクワクと毎日考えて、いざ当日。久しぶりに推しをみることができて、
満足満足。余韻に浸ることもできます。

義務のようにスケジュールを入れまくってたころと比較して、
寂しくないのかと聞かれれば、寂しいし金さえあればもっと豪遊するわ!!っていう気持ちもありますが、自分の無理のない程度にマイペースに楽しむことも大切だなと感じました。

長く応援したいと思うようになった 5年後10年後も…!

今も勿論応援していたいけど、5年後も10年後も推しくんを応援したいと思うようになりました。
例えば10年間で推しごとで使えるお金が100万円あるとしたら、
1年目で100万一気に使ったりせずに、
1年10万円ずつ使いたいと思うようになりました。
めちゃくちゃ大富豪で、自分が買った物販代、チケット代で推しくんの売り上げが上下するようであれば、今だ!って思う時に使い込むのも良いですが、一般人が使えるお金って
そこまで影響がないと私は考えています。
私が彼を支えていると一般人で思うなら、やめたほうがいいなぁって私は思います。

推しごとで培った経験で海外旅行してみる

推しごとをしていたおかげで、旅行スキルはめちゃくちゃ高くなってました。
海外にも行ってパスポート持っていたので、ベトナムやシンガポールなど行ったりしましたが、とても楽しく刺激的でしたね。やはり海外に行ってみると刺激をたくさん受けるので、楽しいです。いつも英語力がなくてその度「英語勉強しよう!!」って思うのですが、全くしてません。

そのおかげか、日本を客観的に見ることができたり、グローバル的に投資をする考えを持つことができたので、その点だけみるととてもよかったと思っています。

アメリカには行ったことありませんが…
海外に行っても、コーラが売ってたり、スタバやマクドがあったりするはなぜかと考えると、アメリカ企業がグローバル進出してるからですね♪
海外あるあるで、食事に困ったらとりあえず「マクド食べとくか…」てなりますよね。
知っているお店であればたとえどこだろうとなんとかたべれますね。(筆者は海外でマクドはない…)

スポンサーリンク

終わりに

長く応援したいと思うようになった 5年後10年後も…!
と考えられたのは、自分にとって良い気づきだと思います。

こうやってブログサイトを立ちあげて発信しているのも、
オタ活していたからというのもあります。
失敗、後悔、反省すると人間成長しますよね。

使ったお金は戻ってこないけど、また稼いだら良いことだし、
2000万円問題も頭にいれつつ生活していきたいですよね。
オタクは経済回している!!って主張しがちで、実際そうなのかもしれませんが、
オタクだからといって税金が軽減されるたらいいのにね…


オタクだからといって、お金に対しての話は耳をふさぎたいところだけど、
考えて必要があるのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました